この時の悔しさを忘れずに行動します。          (写真提供:オレユニさん)


by ken_1972mmm

受験校選び【M社編】

ガッツーン!

頭を殴られたような感覚でした。

M社講師の方の、受験生時代のサブノートを見せていただいた時です。

グループで質疑応答の時に、出席者の方のお話にさらにもう一撃受けました。

月間学習時間150時間!!

合宿をやったり、質もすごい。

講師の方のお言葉をお借りすると

「自分はいったい誰に喧嘩を売っていたんだろう」

こんな人たちを相手に、「勝てるかも」って考えた自分が、

恥ずかしくなりました。

もっと謙虚に取り組まなければ。



終了後、個別に再現答案をみていただきました。

1時間以上、時には考え込みながら

アドバイスをいただきました。

どうして、模範解答も作られているのにそれを教えないで

この場で考えられているのかと思ったら、

「この答案をベースにして、どうブラッシュアップをするか」を

考えて下さっていたとのことです。

模範解答を教えても、どんなに勉強しても、

模範解答レベルの答案は、試験当日に作れない。

それならば、受験生が実際に書いた答案をベースに

どうレベルアップさせていくのかを一緒に考えていきたい、

そうおっしゃいました。

「事例Ⅰの過去問からやってみましょう、

 H13年から順にFAXもらえれば、添削していきますよ」

とも言って下さいました。



M社で頑張ることに決めました。



これから1年、お世話になります。

まずは、3月17日の模擬試験を目標に

過去問に取り組んでいきたいと思います。
[PR]
by ken_1972mmm | 2006-12-10 21:26 | 診断士2次