この時の悔しさを忘れずに行動します。          (写真提供:オレユニさん)


by ken_1972mmm

H19年再現答案 事例3

※設問横の%はMMC採点目安です。点数は、私がその%に応じて計算したものです。
※青~LEC再現答案添削サービスの採点です。

第4問の題意は「受注から生産に至るまで」となっているので
搬送データは書きすぎた感じです。
昨年の本試験に引っ張られすぎましたね。

【事例3】 <59.6/100点><50/100点>

第1問 <65%(13/20点)><17/20点>
強み
一貫生産体制で短納期要請に対応している。
企画営業の体制や人材の基盤を保有している。
弱み
片面刷りで印刷速度が遅く、生産性が低い。
広告代理店への依存度が高く、利益率が低い。

第2問 <50%(10/20点)><10/20点>
広告代理店の受注増加により、①直接取引による一括受注ができず収益性が低下し、②印刷データ交換のトラブルにより生産計画が混乱している。対策は①顧客開拓により直接取引を増加させ収益力を高め、②一括受注で品質の安定化を図り、生産面の混乱を回避する。

第3問 <55%(11/20点)><16/20点>
C社は、①印刷仕様情報、修正データ、顧客の内示情報等の受注情報や、②生産計画、在庫データ等の生産データ、及び③搬送ルート、搬送コスト等の搬送データをDBで一元管理し、NWで共有化する。これらを迅速に顧客、営業、工場間で交換し、突発的な納品変更への対応等、きめ細かな配送体制の整備を図る。

第4問 <68%(13.6/20点)><3/20点>
最新機は競合も導入を図っており、導入が競争力確立の必須条件となっている経営環境や、両面印刷によるスピードの向上や生産力増強が最善の解決策である生産体制の問題がある。従って、投資を実行し競争優位の構築を図る。但し、営業力を強化し、直接受注を中心に新規顧客開拓を行うことで、閑散期の生産効率の向上を図ることが条件となる。

第5問 <60%(12/20点)><4/20点>
取り組むべきである。理由は、①新規事業のニーズが高まる中で、②企画デザイン力や営業体制を活用でき、既存事業との相乗効果が高く、③直接取引・一括受注による収益力強化と新設備導入後の生産効率向上が図れるためである。但し、個人情報の取扱いや管理体制の整備等、セキュリティ強化が条件となる。
[PR]
by ken_1972mmm | 2007-10-21 22:22 | 診断士2次