この時の悔しさを忘れずに行動します。          (写真提供:オレユニさん)


by ken_1972mmm

不足しているのは...

タスナミ(タスミナ?)のようですのでw、
予定通りスパーリングはお休みしました。

どうも肩まわりが痛いので、マッサージに行ってきましたが、
炎症を起こしていたようです。
肩こりがするので、頻繁に首を回していたら
余計にひどくなってしまったようですね。
毎日氷で冷やすように言われましたので
氷とピップでなんとか回復させたいと思います。

この一週間は追い込み派、調整派と個人によっていろいろだと思いますが、
私は心身のメンテナンスに努めたいと思います。

そして、この週末に受験票も到着しました。
あと1週間、いままでやって来て、十分実に着いていると思うものばかりを選んで、
とにかく体に刷り込む作業だけを繰り返します。
知っていることを反復するのは全く面白みがないのですが、
やっている途中で不安は徐々に薄れていくような気がします。
「できる」という自信の裏づけは「有能(エフィカシー)」だと
聞いたことがあります。
これは、有能であるかどうかではなく、
有能と感じられる「感覚」に持っていくことが重要だと
自分なりに解釈しています。
今まで慣れ親しんだものを何度も何度も愚直に繰り返すことで
そのエフィカシーを感じことができると、感覚的に思っています。

それと、結果を意識すると心が乱れるので、
試験でいままでやってきたことを置いてくるイメージトレーニングも行いながら、
愚直に、淡々と過ごしたいと思います。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-10-15 00:00 | 診断士2次
今日は、息子とのコミュニケーションを取るための
絵カード作りをしました。
妻と私のカードにチューをしてくれたので、感動していたら、
そのあと、おにぎりや牛乳のカードにもしてましたw
どちらかというと、おにぎりの方が気になっていたような...

話は変わって、昨日はM校のスパーリングがあり、
ぼこぼこにされてきました...
普段の疲労の蓄積もあったとはいえ、スパーリングでKOされては
しゃれにならないですね。
本試験に向けて仕事もMAX状態に入りますので
来週のスパーリングはお休みしようと思っています。
受けられる皆さん、頑張って下さいね。

泣いても笑ってもあと2週間、
もう余計なことは一切せず、
今まで10回転させたM校の財務解きまくり問題集の再回転と
各事例をA4一枚にまとめたペーパーの見直しを
繰り返すだけにとどめたいと思っています。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-10-08 23:20 | 診断士2次
昔、上司に仕事を一から教わっていたときに
言われた言葉があります。

『真似した方がいい人はたくさんいるが、
本当に学ばなければならないのは、
真似しちゃいけない人だよ。
 「これをやっちゃいけないこと」って普遍的なものが多くて、
 そういう人と同じことをしなければ、
 人間は自然と学んで成長するものなんだから。』

受験校では、合格のために必要なことを教えてもらえますが、
意外にやってはいけないことって、個人の暗黙知に
頼られているものではないかと思います。

私も自分なりの
本試験でこれだけは絶対にやらないでおこうと
思っていることがあります。

それは、
「解答の内段取り」です。
内段取りのデメリットは大きく二つあると考えます。
一つは、
80分の制約で、かつ、緊張した中で考えたものは
いままで自分の中に蓄積し、沁み込んだものには
質の面で到底かなわないだろうということです。

もう一つは、
その場で考えようという姿勢自体が
「迷っている」、「悩んでいる」という
悪い状態へと移ってしまっている、と考えるからです。

この時期は、
「自信は無くても、迷いはない」っていう
精神状態にあることが大切だと思っています。
迷うことは、選択肢が多いことの裏返しです。
本番までに、迷いを呼ぶような選択肢は、
減らしていこうと考えています。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-10-04 22:55 | 診断士2次

脇差を磨こう

昨日はMMC模試のアドバイス無し返却を受けてきました。

本来ならアドバイス付き返却なのですが、お茶の水ではなく、
何を間違えたか葛西に行ってしまいましたw
ということで、答案だけもらって帰ってきましたが、その際にN先生から
一言だけいただきました。
「学んだこと、身に付けたこと、磨いてきた技術で戦うことが
合格の鉄則です。
本番はこれをそっとおいてきて下さい。」

また、T先生からは、与件との因果関係がまだ弱いため、
因果の徹底に取り組むように、答案にアドバイスを頂きました。

これらを受けて、精神的な面を含めて留意点を洗い出し、
当日に見るメモを作りたいと思います。

これからは、今あるものが本番で出し入れできるように
反復練習することに専念したいと思います。
この時期は、使いづらい大砲や銃の点検をするよりも
使い慣れた脇差を磨き、自由自在に使えるようになっているという安心感が
大事なような気がします。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-09-30 06:22 | 診断士2次
今日はMMC第4回模試を受けてきました。
昨年のリバティタワーで受けた本試験の雰囲気がなんとなく思い出されて、
ほど良い緊張感の中で受けられて良かったです。

課題で挙げていた、出題者の意向を汲むことに専念しましたが、
事例1~3は模範解答を見ていないので、出来はさっぱりわかりません。
これらはゼロベースでもう一度考えて、
じっくり再答案に取り組みたいと思います。

事例4はポカミスは無かったものの、生産性の分解が出来ませんでした。
将来の方向性は設備投資を行い高付加価値化を図っていくことなので、
機械装備率は浮かびましたが、付加価値を算出してから分解する
プロセスしかやってこなかったため、現場対応できませんでした。
自分の場合、財務問題を現場対応で解くことは期待できないため、
反射的に解法が浮かぶまで日々トレーニングするしかないなと
思っています。

今後は、今までやってきたことを固めることに専念します。
淡々と、コツコツ進んでいきたいと思います。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-09-24 02:00 | 診断士2次
明日は第4回MMC模試ですね。
本試験の受験会場と同じリバティタワーで実施してくれるのは
嬉しい限りです。
せっかくの機会なので、本番を想定した行動をしたいと思っています。
受験される皆さん、頑張りましょう。

そして、明日の課題は、以下の一点に集中します。

出題者が与件や設問にちりばめている
「書いて欲しい答え」を汲んで、
伝わりやすい文章で出題者(採点者)にお返しする。

出題者とのコミュニケーションがどれだけ円滑にできるか、
確認してきたいと思います。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-09-22 23:29 | 診断士2次
土曜日はとても大切な友人の結婚パーティでした。
最後に友人代表で挨拶をさせてもらったのですが、
「おめでとう」の気持ちがきちんと伝えられなかったのではないかと、
少し悶々としています。

出席者の方は、新郎新婦の親しい友人の方だけなので、
少しひねったものにしたいと思い
今までやったことのない型でスピーチしたことが
伝わらなかった原因だったようです。
素直に、心を込めて気持ちを伝えるべきでした。


こんなことを思ったのも、日曜日のM校の授業で
先生がおっしゃっていた一言が心に残ったからでした。

学生時代に柔道をされていた、その先生がおっしゃっていたのは、

『本番で負ける人には共通点がある。
それは、出す技を、試合前に変える人である。』

対戦相手が、試合前にしている打ち込みを見て、
その技に対する対応策を考える。
相手が混乱させるために行っている打ち込みに戸惑い、
普段使ったことのない技で対応しようとし、自滅する。

これは、2次試験で崩れるパターンとよく似ています。
使ったことのない型では伝わらない。
自分が学習していないことを現場で書いて
自滅する。

思い返せば、いい得点がついた答案は
自分ではつまらない解答を書いたと思っている場合が多いのですが、
その時は使い慣れた型をきっちり使えている証拠かもしれません。

逆に「決まった!」と思ったときは
その場で生み出した自己流の技であり、
すきだらけで突っ込みどころ満載の答案の時が多いです。

残りの40日間は、得意技に持ち込むために、
与えられた設問と与件の中で、
どう展開していくかを考えることに専念します。

自力で考えることが苦手な私は、7月から財務事例以外は
模範解答を見るのを止めました。

質の低い解答が続いていますが、
どうやったら書きやすい型にもっていけるかを模索し、
自分の型の打ち込みに専念します。

そして、2次試験までに有効くらいは取れるようにし、
ぎりぎりでもいいので、何とか優勢勝ちに
持ち込めたらいいなと思っています。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-09-11 01:02 | 診断士2次

エールを送ります。

土日に1次試験を受けられた皆さん、本当にお疲れ様でした。

診断協会から解答と配点が発表されましたので、
ほぼ結果がみえつつありますね。
一緒に2次を突破したいと思っていた方が思わぬ結果になり、
本当に残念な気持ちでいます。
2次の実力のある方ほど、1次のプレッシャーがかかる性質の試験ですが、
やり切れない気持ちもあります。

このことはあまりオープンにしないでおこうと思っていましたが、
このような人間でも前に向かっていると、少しでも感じていただければと思い、
少し個人的なことを書かせて下さい。

8月1日に2歳半の息子が、自閉症スペクトラムと診断されました。

春を過ぎる頃から、それとみられる兆候がみられており、
保健士や臨床心理士に相談していましたが、
正式に医者から言い渡されました。

成長が遅れているだけだと、すがる気持ちでいましたが、
正式に診断を受けてから、妻も私も、とても不安定な精神状態と
なってしまいました。
先天性のものですので、命が宿ったときからこのことが運命づけられ、
一生背負っていくであろうハンデを思うと、息子が不憫に思えて
胸が締め付けられる思いがします。
何かをしているとき、人と話している時は気がまぎれるのですが、
少し時間が空くと、どうしても不安に取り付かれてしまいます。

今年の2次受験の権利もあるので、自分の中では、
このタイミングで1次試験を受ける目的も、気力も失いかけていました。

自閉症スペクトラムと健常者の優劣なんか無いと思いたい。
でも、息子は自分でそれを選択する方法はありません。
今後生きる上での選択肢も、健常者に比べてはるかに狭くなるでしょう。

自分の進みたい道に向かって頑張れることは、恵まれていることなんだ。
それだけを心の支えに1次を受験し、気持ちだけで駆け抜けました。
そして何とか合格することができそうです。
診断から、まだ数日しか経っていませんが、この精神状態の中で頑張れたことは、
大きな自信になりました。

今後は、息子が将来自立して生きていけるように
家族で療育に取り組んでいきたいと思います。

そして、診断士2次試験に関しても、限られた時間の中で
全力で合格を目指します。

今回残念に終わった方も、今はゆっくり休んで下さい。
そして、近いうちにまた一緒に頑張ることができれば、
本当に嬉しく思います。

陰ながら、エールを送らせて下さい。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-08-07 00:55 | 診断士全般

あしたをつかめ!

皆さんもご覧になったと思いますが、NHKの『あしたをつかめ』で、
地域の中小企業への経営提案を行う、中小企業診断士の方の
ご活躍が紹介されていました。
受験勉強を行っているだけでは忘れてしまいがちな大切なことを
再認識させてもらった気がします。
現時点では合格が最大の目標なので、どうしても勉強自体が目的になりがちですが、
私の場合はその先にあるものをもう一度立ち止まって考えることが必要なようですね。

それと、あと1月強で1次本試験がやってきます。
経済や法務など、サブノートを見直していますが、
範囲が広く、詳細で、難しいです。
昨年、よく合格したなと、改めて思います。

昨年の今頃は、合計で6割取れるのか、取れても一昨年まで難易度が高かった
経営法務の足切りを回避できるのか、不安で一杯の毎日でした。
それでもなんとか合格し、その不安を一掃することで
1次後は明らかに勢いがつきましたので、
今回の合格は難しいとは思いますが、なんとかチャレンジャーの気持ちで
1次にぶつかっていきたいと思います。

昨年2次試験に合格された複数の方が、
「運気をつかんだ、運気に乗った」
といわれていたことが、とても心に響いています。
昨年の2次試験に不合格になってから、受験勉強とは別に
どうやったら運をつかめるかを考えていて
まだ答えは出ていません。

あと4ヶ月で、その答えも見つけていければと思っています。
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-06-23 22:56 | 診断士全般

お久しぶりです。

みなさん、ご無沙汰しております。
ご訪問いただいている方がおられるのに、
ブログを更新できておらず、すみません。
家族、仕事、勉強など、大切なことがおろそかになりがちな中、
コミュニケーションについてはある程度犠牲にせざるを得ない状態が
続いています。
2ヶ月以上更新していないのに、ご訪問いただいている方には
一言ご挨拶をしておかなければと思い、久しぶりに更新しました。

少し近況報告をさせて下さい。
4月で異動となり、意思疎通に言葉がほとんどいらない周りの人たちと離れ離れになり、
言葉を尽くしても意思疎通が難しそうな方と組むことになりました。
仕事も一気に増えた中で、この環境変化はとてもきついですが、
知恵を絞ってどうやったら一緒にすすんでいくことができるか、
考えて行動していきたいと思います。
コミュニケーションスキルは、本当に重要ですね。

異動の話に触れましたが、実はこの4年で4回目の異動となりました。
4年間を通して仕事内容は大きく変わらないのですが、部署を作ったりつぶしたり、
既存の部署に吸収されたり、移されたりと、振り回されている印象は否めません。
このことに関しては大いに不満を感じています。
駒としての役割を果たすことも重要だと頭では分かっているつもりでも、
行き過ぎていると心では反発してしまうようです。
まだまだ心の修行が足りませんね...。

そんな中、恵まれた環境で仕事をさせていただいていることは感謝していますが、
自分で道を切り拓ける力を、早く身に付けたいと思っています。
そのためにも、早く診断士になりたいと、強く思います。

今後の更新も、なにか動きがあったときに限りたいと思います。
MMC模試、1次・2次本試験を自分の中の区切りと考えています。
次回は5月下旬ごろにアップできればと思います。

今までご訪問いただいておりました皆様、
本当にありがとうございました。
同じ診断士受験生の皆さん、一緒に頑張りましょう!

ken
[PR]
# by ken_1972mmm | 2007-04-03 23:10 | 診断士全般